« 「服部緑地お散歩&カフェ巡り」プチオフ会 | トップページ | 残暑2 »

2005年8月25日 (木)

電車で読む本


一昨日、昨日二日続けて仕事帰りに一駅乗り越した。
実は今日も危うく乗り越すところだった。
しかも乗り継ぎで一駅か二駅しか乗らないところで乗り越してしまった。
こう毎日続くと若年性の認知症ではないのかと思ってしまう(-“-)
本を読んでいてのことだけれど、短い距離なのだから本など出さなければよいのだが、電車で座ると条件反射で本をひらいてしまう。
犬関係の本などは間違いなく号泣してしまうので電車では厳禁。
浅田次郎もいけない。笑いをこらえるのもあふれる涙をこらえるのも、く、苦しい(>_<)
いま読んでいるのはロシア語通訳の米原万里さん著『ヒトのオスは飼わないの?』だ。
ペットエッセイというジャンルがあるかどうかはわからないが、パラっと開いてみたら、号泣しそうな感じではなかった(笑)ので購入。
さらっと読めるのについついはまってしまう。
犬を飼うのは小夏が初めてで、物の本を読み漁って”これが常識”ということを犬についてはまっさらな頭に詰め込んできた。
ところがこのエッセイで、その常識が常識ではないかもしれない、犬の幸せ猫の幸せってなんなのだろう?小夏は幸せそうな顔をしているだろうか?楽しい毎日だろうか?とちょこっと考えるようになった。
幸せもいろんな形があるのだよね。
ま、人間も思うようには生きていけないのだからね。
☆おばちゃん☆

おばちゃんかなりぼけぼけで(若いころかららしいけど)、自分で気づいて凹むことがあるらしいねん。
この前おっちゃんに『なんかおかしな行動や、言動があったらちゃんと病院へつれていってや~』って言うてたよ (――;)
☆小夏☆

|

« 「服部緑地お散歩&カフェ巡り」プチオフ会 | トップページ | 残暑2 »

「おばちゃんのこころぐ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151467/6960622

この記事へのトラックバック一覧です: 電車で読む本:

« 「服部緑地お散歩&カフェ巡り」プチオフ会 | トップページ | 残暑2 »