« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月31日 (木)

出生の秘密(゜o゜)

文太のポン友であるところの、こなつ家の半蔵くんに血統書が届いた。


文太と半蔵は誕生日ひと月ちがいで同じ犬舎出身。

文太は生後4ヶ月で、半蔵は6ヶ月で大阪へやってきた。

ブリーダーさんのHPには(子犬たちがころころ転げまわって遊んでいます)、とあったのできっと向こうでは一緒に遊んでいたに違いないから文太もさぞかし嬉しいだろうと思って楽しみにしていた。

しかし最初のうちは『いえいえ、こんな子知りません。』『はじめてお会いしました。』などと言うので(言うわけないか?)やっぱり覚えてなかったのかとちょっと残念な思いをした。

ところが何度か会ううちに一緒に仲良く遊ぶようになった。

これがかなり激しいんだけどとっても楽しそうなのである。
そしてそれぞれ家での行動形態もそっくりなので、ひょっとしたらこりゃ異母兄弟ではないか?とずっと思っていた。

このブリーダーさん、かなりのんびりしており、文太の血統書も我が家へ来て半年経ってからやっと送られてきた。

誕生日も1日違っていたし・・・

我が家もこなつ家も『ま、別に血統書が無くても文太は文太、半蔵は半蔵なのだし無いからといってどうということもないけど・・・・』でも父ちゃんがいっしょなのかどうかは知りたいと思っていた。

『やっと届きました~』というこなつ母さんからのメールで、先日早速つき合わせてみたところ『やっぱり!』

文太と半蔵は1ヶ月ちがいの異母兄弟だったことが判明した(●^o^●)

Wコナツ(こなつと小夏)の弟分同士(半蔵と文太)が異母兄弟であったという、文字にするとすこぶるややこしいことになっているのだ。

これで目出度くコーギーMIXの疑惑も晴れたし、竹馬の友は異母兄弟だった~の一幕。
こうなると父ちゃんを見てみたい。

動画は半蔵と文太のレスリング、レフェリーはこなつです(^o^)丿

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年8月27日 (日)

琵琶湖BBQ

BIGDOG琵琶湖BBQ,、我が家は今年で2回目、ぶんさんはもちろん初参加です。

白浜荘オートキャンプ場。
2006827bbq_024

昨年の轍を踏まないように早朝(6:30)に出発した。

京都東でもスイスイ、湖西道路もスイスイ(^^

開会は10:30からやし、タープも張ってゆっくりできるやん!(^^)!

9:00少し前に到着したら、『あらら、もう始まってる?』

車もタープもいっぱいで、もうすでに泳いでいるワンコさんもいるではないの!
いったいこの人たちは何時に出てきてるのやら・・・なんかすごいパワー感じるんですけど(^_^;)

とりあえず、端っこのほうに場所確保。


この日のために新しいタープを購入した。

一度は設営してみなければと、『海ふれ』で練習しました。

しかし猛暑と強風で途中で断念(-_-;)

『ま、なんとかなるやろ~』で多少の不安を残したまま当日を迎えることになった。
とりあえず、行き当たりばったりではない・・・・ここ強調!
不安が大当たりで四苦八苦しているところへお隣ですっかり落ち着いているトトパス父さんが見るに見かねて教えて下さった。

助かりましたm(__)mぺこり
相変わらず最後の詰めが甘い夫婦であります(-_-;)

2006827bbq_030

水泳大会では小夏も文太も参加、岸で呼ぶおばちゃんに向かってスイスイ泳いできたかと思いきや、岸に上がるやいなやぶんさん脱兎のごとく逃げ出した。

『ぶーーん、来い!』もむなしくタラタラ逃げ回る(-_-;)
これを2回もやられた飼い主も学習能力なし・・・
その後はリードつきのまま泳がしたのは言うまでもありません。(遅い・・・)

2006827bbq_015

全員参加のペットボトル回しや、ケンケン相撲などゲームも多彩でキャンプ気分大盛り上がりです。

BBQは、お肉とじゅじゅうママさんの絶品焼きそばの争奪に汗を流した(^_^;)

2006827bbq_002 2006827bbq_006
(ローズちゃん)

今回はこなはん家もmaronも直前にアクシデント発生でキャンセル、でもご近所犬の福来ちゃんや、ハローズドッグオーナーの奥様とローズちゃん、昨年の天川村川遊び以来のモモちゃんとミルキィちゃんもいっしょでよかったあ~

来年は絶対みんなで元気に参加しましょう!

大丈夫、タープ設営は完璧です(^_^)v

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006年8月24日 (木)

1歳になりました

文太くん、本日めでたく1歳の誕生日を迎えることが出来ました。
なかなか大きくならなかったり、湿疹と脱毛でどうなることかとおもいましたが、今こうやって元気でいてくれることがとっても嬉しい。

2006813_004

小夏ねーさんともビミョーな距離を保ちながらも、平和に同居してくれているのはひとえに文太のめげない性格にあります。
小夏ねーさんに怒られても怒られても、涙ぐましい努力をする。
1歳になった特別な日の今日、初めてこんなシーンを見せてくれた。

2006824_005

ねーさんもかなり心を許しているようであります。
よかったな~ぶん
ねーちゃんともお友達とも仲良くして、これからもますます元気でいておくれ~。

2006824_009

これ・・・・食べられるような匂いはしませんで~おばちゃん! by文太

2006824_011

はいはい、これはおっちゃんが買うてきてくれました、うまそ~!(^^)!

でーーー恒例の本日のディナー

2006824_002

今回は南村友紀さんの キッチンドッグ パーフェクト50レシピから
『 肉と野菜のごろごろシチュー 』

材料は鶏胸肉、牛もも赤身肉、にんじん、じゃがいも、ブロッコリー
かなりおいしそうに完食!!!!

いい子にしてたら、また作ってあげましょう (^_^)/~

| | コメント (18) | トラックバック (0)

2006年8月22日 (火)

夜のお散歩

2006822_002

いつもは夜のお散歩はおっちゃんの担当ですが、仕事が押していて忙しそうだったので、おばちゃんが行くことに・・・・。

ご飯を仕掛けて、ばたばたと出かけた。

いつもと違うコースを歩いてみよかね~
ぶんさん、小夏ねーさんといっしょでもちゃんと並んで上手に歩けるようになったやん。
どっちかが用を足しているときはちゃんと待っているし、なかなかえーかんじです。
ダブル脚側!(^^)!
ときどき歩きながらぶんさんは、何の前触れもなくいきなり小夏ねーさんに喧嘩を売る。
しかーし、ねーさんは決して喧嘩を買うような奴やありません。大人(^・^)

さくさく歩いてくれたので、40分くらいで裏手の公園へ帰ってきた。
例によって、花火をしている家族あり。
いきなり『パン!』がでると怖いので、リードはしっかり握って2006822_004 。。。。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年8月20日 (日)

感染?

8月14日和歌山から帰ったら文太が車のなかで吐いていた。Photo_12
猛烈に暑かったし長時間車の中にいたから疲れたのかな?と思っていら翌日の明け方、ぶんのハウスからゲホっ、オエっ、ガッ!
それから丸一昼夜ねばねばの白い泡状のものを吐き続けた。
食べたものは吐かない、食欲もある、下痢もしていない。
病院で見てもらったら、熱はないが胃に炎症がありますとのこと。
飲み薬をもらって、様子をみることに・・・

気持ちが悪くて吐こうとしているのかと思っていたが、どうやら咳がでているようだと症状が出て2日目くらいに気づいた。
喘息のような状態が続く。

まあ、元気なので朝散歩に連れ出した。
毎朝、同じメンバーで12,3頭のワンコが集まってきて遊んでいる広場、『こんなんですねん』と話すと、うちも、○○ちゃんも・・・ありゃ、まったく同じ症状やん!
結局、黒ラブちゃん3頭、フラットコ-テッドレトリバー1頭、トイプードル2頭、ビーグル1頭、で文太(コーギー)1頭。。。

ほとんどの子は病院で抗生剤などをもらってすぐに良くなっているのだが、6日目でまだ咳が治らない黒ラブちゃんが病院で状況を話すとやっぱり『ケンネルコフ』のようなウイルスではないか?ということらしかった。

『ケンネルコフ』は唾液や痰の飛まつから感染するらしい。
同じ器で水を飲んだりしているからあっという間に広がってしまったのだ。

気管支炎のような状態なので吸入とかできればよいのだけれど、エアコンで部屋の空気は乾燥しているし、なかなか症状がよくならなかった。
今日はずいぶんいいようで、興奮して吠えようとする時以外は咳き込むことはなくなった。
(吠える⇒苦しい)で、災い転じて・・・にならないかと密かに願っている(^_^;)

小夏にも感染しそうなものだが以前に罹ったことがあるので抗体が出来ているのか、今のところ大丈夫のようです。

ぶんさんゲホゲホやってると、小夏ねーさんは遠くへ逃げています。
『ちょっと~うつさんといてや・・・』
夫婦やったら、この態度はかなりやばい状態よ(-_-;)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年8月19日 (土)

私がなすびです。

2006819_001
わたしが、半蔵くんの胃から救出されたなすびくん(男?)と同じなすびですねん。

ぬべ~とまぬけ顔やし(ほっといて )、水に濡れてつるんと飲み込まれたんやわ・・・

こなつ母さんからのお知らせでは顔色がすっかり変わってたらしいねんけど、○文印の古漬けってかんじやね。。。。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年8月17日 (木)

湯浅第二弾・アクシデント発生

Photo_9    

突然のアクシデント発生にうろたえてブログにUPするのを躊躇っていたが、今日一段落したので書いてみた。

お盆休みの3日目(814日)以前から『いっしょに行こね!』と言っておりましたこなつ家と、PH湯浅へ遊びに行ってきた。

予想される阪和道トンネルの渋滞を避けるべく早朝に出発、お友達のゆきちゃん父さんのお勧めで、先に白崎海岸へ行ってみることにした。

Photo_10

バンガローもあるダイビングポイントで、白い岩がまぶしい日本渚百選にも選ばれているところです。

青い海が広がって人も少なかったが、ネットでみた芝生広場はただ広い空き地って感じでがっかり。。。

とにかく暑いし陰がないのでワンコには気の毒なことでした。

展望台ではみんなわずかな陰に匍匐前進で避難。Photo_11


『ちょっと~おばちゃん、暑すぎるって
(-_-;)












PH湯浅へ移動。

Photo_12

貸切状態の屋根つきドッグランで半蔵*文太のプロレスごっこもあったりして、ひとしきり遊んで涼しいクラブハウスでお昼ご飯、涼しくて気持ちいいのか文太がキツキツにひっついていても、小夏ねーさんは怒らない。




いよいよ、プールへ・・・。

ダックスさんたちが盛り上がっているところへ、ごいっしょさせてもらった。

やっぱり水のそばが一番よね!

小夏ねーさんもぶんさんもここのプールは経験済みなので、怖がることもなくスイスイ~

半蔵くん、『足つかへんやん~(T_T)』バシャバシャ!

ライフジャケット着けてますってば・・・


プールサイドでおもちゃで遊ぶことに決めちゃった半蔵くん、文太のなすびのオモチャをガジガジしていたかと思ったら、あっというまに飲み込んでしまった。

『ガーン、ど・どうしよう・・・おろおろ』

以前、ご近所のコーギーさんがやっぱりゴムのおもちゃを飲み込んでしまって、吐き出せずに開腹手術したことがあったので、おばちゃんはかなり動揺してしまった

お盆で大方の動物病院はお休み。

半蔵くんのかかりつけもお休み。

こなつ母さん、訓練のⅠ先生に電話で相談。アニマルナースの経験ありのM先生にも連絡を取ってもらい、元気ならしばらく様子をみて、吐かないようなら病院へ・・・ということになった。

1ヶ月くらい経過してから吐いた例もあるらしい。

よくあることなのか、落ち着いた対応はちょっと意外でした。

PH湯浅の方も概ね同じようなことを言われた。

即撤収して帰路に・・・とおもいきや、ちょっと安心してその後4コギさんシャンプーして湯浅を後にしました。

しかし結局○文印のなすびは今日まで半蔵の口から出ることはなく、かかりつけの先生と相談のうえこなつ父さん母さんは開腹手術という、辛い決断をしたのでした。

今日の夕方、『無事なすびは救出されました。』というメールがきた。

半蔵くん、しんどかったなあ。

退院したら、食べても大丈夫な美味しいなにかをおばちゃんがプレゼントするからね~。

Photo_13

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006年8月13日 (日)

雷にもご注意

梅雨が明けて、猛烈な暑さがやってきた。2006813_013

お盆休みの2日目、サマーソニックで若者いっぱいのベイサイドは暑さも体感プラス5℃(-_-;)

日が落ちてから出かけたいのはやまやまですが、おっちゃんはテニスやし夕食の用意とかあるので5時ころからでかけた。

画像はATCの噴水で・・・・見た目は涼しげであります。

このようにノー天気なお二人ですが、この10分後いきなりの雷鳴。。。。。
花火のときと一緒のリアクション、おばちゃんはしっかりリードを握っておりましたが、右往左往したあと一目散に家へ(^_^;)

噴水で写真撮ってるときに鳴ってたら、これまたえらいことになっておりました。
スーパーマンは、このときテニスしてましたからね~
やっぱり、リードは放したらあきません。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年8月 8日 (火)

花火にご注意

Photo_11 我が家はマンションの7階、ベランダ側は近隣公園になっている。

先週の金曜日のこと・・・夕刻おっちゃんとお散歩に出かけた小夏と文太が居るので、片付けや夕飯の支度をしながら時々見ていた。

公園の真ん中あたり小学生たち数人でシュワシュワ~っていうかわいい花火が始まったと思った矢先、パンッ!と破裂音が鳴った。

公園をみると、『わあ!(゚o)』小夏と文太がサバンナでライオンに追われるシマウマのように並んで爆走していき、あっという間におばちゃんの視野から消えてしまった。

おっちゃんは泡食って追いかけていったように見えたが、後で聞くところによると、実はそれどころではなかったらしい。

おばちゃんは、うひゃ~えらいこっちゃ、パニクッて道路まで出てしまったらどうしよう(@_@)
とるものもとりあえずおばちゃんも頭真っ白で、マンションから走り出た。

やっと携帯で連絡がとれ話をきいてみると、小夏と文太はリードで繋がって『座れ待て』をさせていたらしい。
破裂音にパニックになることはわかっていたが、まだ早い時間帯なので、破裂音のするロケット花火はまだ登場しないと高をくくっていたら、いきなり横で鳴ったのだ。

リードで繋がったまま爆走する方向に2,3歳児がおり、爆走中のリードに引っかかって怪我をさせては大変なことになると思ったおっちゃんは、スーパーマンのように?子供を抱き上げ事なきを得たのだという。
(子供は泣いたが、親は意外と平然としていたらしい)
とにかく子供も、ワンコも大事に至らなくてホントによかった。

そしておっちゃんが子供を下ろして謝っているのを、爆走していたお二人は立ち止まって見ていたというのだ。
そのあとお二人のほうへ行こうとすると、思い出したようにまた逃げた(^_^;)
このときはもう既に失速しているし本気で逃げる気もないらしく、すぐ捕まった。

夏休みになると毎晩のように花火。
小夏ねーさんが来た年は、夕刻花火が始まるとベランダのサッシから一番遠い場所にびったりと張り付いて固まってしまっていたが、来る日もくる日もバンパンやるので最近は慣れてビクッとはするが、固まってしまうことはなくなっていた。

でも真横で『パン!』はね・・・・油断は禁物だよ。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006年8月 3日 (木)

みっちゃんみちみち

Hayasikotoba2

先のワールドカップ。

ジダンの頭突き問題はどうやら決着がついたようであります。

真相のほどは当のお二人しかわからないことですが、おせっかいな読唇術では相手のマテラッツィの暴言は日本で言うところの『おまえの母ちゃんでーべーそ!』的なことであったらしいという説があります。

同じことを言われても、それを言われる人によって又国や地方によっても全く違った意味になってしまうものであります。

気をつけなければいけません。( 自戒 )

その昔、おばちゃんがいたいけな子供であったころの話。

誰でも知っている『みっちゃんみちみち・・・・』

みちみちの後は・・・でしか書けない子供にしか浮かばない発想であります。

おばちゃんの本名は頭に()がつくので、みんなから(みっちゃん)と呼ばれ、『みっちゃんみちみち・・・』攻撃をしょっちゅう受けていた。

なぜ(みっちゃん)なのか?

(よっちゃん)(さっちゃん)でないのはなぜなのか?

**みちみちに続くからに決まってますやん**


『おまえの母ちゃんでーべーそー』でも実際にかーちゃんがでべそだったりしたら傷ついたかもしれないが、あんまりリアルでないことを言われても傷ついたりはしないものだ。

きっとジダンにとっちゃ、かなりリアルなことを言われたに違いない。


昔の子供は大声でこんなことを言ったものでしたが、ポジティブなみっちゃんは『ぜったい私と遊びたいねんやわ』と思って、いじめられたという記憶はない。

マテラッツィも『やーいやーいジダンのはげ頭~!』くらいにしておけばよかったのだ。(しかし、これもちょっとリアルかも・・・)


喧嘩両成敗などではなく、双方の話し合いで示談
(じだん)になれば一番よかったのです。

お後がよろしいようで(^_^;)・・・

これが言いたかったんかい。。。小夏

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »