« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月29日 (水)

続・続本当は怖い家庭の医ぬ学☆おっちゃん編

仕事帰りの電車に、おっちゃんからの電話。Photo_21
おっちゃん『肩抜けた(痛!)』
おばちゃん『分かったすぐ帰る!』

今まで数え切れないほど脱臼を繰り返してきたおっちゃんの左肩。
いや~夜中や明け方でなくてよかったよ、おっちゃんが落ち着きを無くしておるのだからワンコたちはどれほどのパニクリ様であったか想像に難くない。
とにかく骨接ぎか整形外科へ行かねばならない。
自転車で5分くらいのところに、今おばちゃんがリハビリに通っているクリニックがあるので、そこまで歩くしかない。
車に乗って行くのも痛いし、自転車などには痛くて乗れない。
とにかく振動がたまらんのだそうである。
右腕で左腕を庇いながらそろそろ歩いていく。
着替えの途中で抜けたので長袖のTシャツにペラペラのベストのみ。
脂汗をかきながら、おっちゃんは悶絶の表情である。
30分ほどかけてようやくクリニックへ到着。
やれやれ、肩さえ入れば痛くもかゆくもないのだ。(ちょっとだるいらしいが)
診察室へ入る前と後では天国と地獄ほどの違いがある。^m^

振り返ってみれば・・・・

子ども会のソフトボールでボールをキャッチして抜けた。。。
子供たちが心配げに見守る中・・・悶絶(@_@;)

おばちゃんとペアでテニスの試合中、めったにないテンションの高さでサービスエースやボレーが気持ちよくバンバン決まり、勝てる!と思った刹那、勢い余ったおっちゃんは左手をコートについてしまった。
コート上で・・・悶絶(@_@;)

栂池スキー場にて、左腕を雪だまりに突っ込み・・・・悶絶(@_@;)
てっぺんから、念願のスノーモビルで診療所送り。

前夜発日帰りスキー、やっと到着した岐阜のゲレンデ、車中での着替え中・・・悶絶(@_@;)

明け方、突然・・・悶絶(@_@;)

家の廊下でくしゃみして・・・悶絶(@_@;)

夜中救急車で運ばれること2回。

いやはや本人は痛くてたまらんでありましょう。
人は肩の周りの筋肉を鍛えなさいと言うけれど、あの筋肉の塊のような千代の富士でさえ肩の脱臼に悩まされておったのだよ。
まあ、おっちゃんは相撲を取ることはありませんけど。
病院では手術しかないと言われているらしいが、病院嫌い、注射怖い、ではどうにもならない(ーー;)
これから冷えてきて脱臼シーズン(?)に突入する。
どなたかよい対処法をご存知やありませんか?」


関節やら、頚椎やら、脱臼やら・・・骨っぽい話が続き恐縮です。


Photo_22 受付で。。。『ここに住所と名前を書いてください』
『後でもええやん、先に肩いれてくれ(泣)』

中待合で。。。『いつ、何をしていて外れましたか?』
『肩入れてから訊いてくれ(中泣)』

レントゲン。。。。『レントゲン撮ります(^_^;)にこにこ』
『そんなことより先に入れてくれ、頼むわ(大泣)・・・なんでにこにこやねん(+_+)』

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年11月24日 (金)

アースコート

20061123bd_028

23日午前中BDでトライアルのあと、泉北のアースコートへ行ってきた。
以前に泉南のホワイトロートスにおられたAお姉さんがアースコートのチーフをされていて、『小夏ねーさんの・・・』のBBSにカキコしてくださっておりました。
ここは大小2個のドッグランがあり、1時間づつの貸切なのであります。

天気予報では降水確率70%(T_T)/~~~
現地集合のこなつ家は、こなつ母さんの優秀なナビで一度も迷わずに到着された由。
すばらしい。

ここは周りに民家は無く、道路と墓地に囲まれておやかましいわんこ連れにはありがたい。
他のワンコさんに気兼ねすることもなく、異母兄弟の半蔵と文太は転げまわっておりました。
仕切るこなつと、我関せずの小夏。
こなつ家の車に積んであったハードルを並べてプチ自主練。
貸切なのでこんなこともできてしまうのだ(*^^)v
雨もなんとか降らずに、楽しく遊んだ。

また行きましょうね~\(^o^)/

20061123bd_034

おっちゃんに拉致されたコギさん・・・さてだれでしょう?


20061123bd_035

敷地内にある小物など置いている可愛いお店、plumeria

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年11月23日 (木)

BD TRIAL 予想外です。

BD TRIAL 10種に 文太くん参戦。

5頭づつで10個のEVENTを回る ドッグ・デカスロンだあ~\(^o^)/
ツアーメンバーはトイプードルのココアさん、チワワのマロンさん、コーギーのケンタロウくん、同じくコーギーのリリィさん。

High Jump   ぶんscore 12段 point 74
Photo_42

Slim Bridge  ぶんscore  2本 point 180
20061123bd_017_2

St or Sit Wait  ぶんscore  stand  5分00完走 point 200
Photo_43

Long Jump  ぶんscore  140㎝  point 140
Photo_44

Down & Sit  ぶんscore  5回 point 50

Power Carry  ぶんscore  0 point 0

Slip Wall ぶんscore 5段 point 100
Photo_45

10m Coming   ぶんscore   2秒15 point 156

30m Coming   ぶんscore  5秒25 point 136

Waiting   ぶんscore  10分00完走 point 200
20061123bd_019_1 



TOTAL  1236P

ぶんさんminiクラスでココアさんに続いて、なんと2位になった(*^^)v
これはおばちゃんもびっくり!
『St or Sit Wait』でおっちゃんはStandに勝負をかけたのだ。
5分完走してもStand(200P) と Sit(100P)で倍なのである。
実はおっちゃん、夜の散歩で密かに練習していたらしい。
勝負に出た当のおっちゃんも『予想外です^_^;』

『Power Carry』はpoint 0 ・・・・『色男金と力は無かりけり』ぶん
あの~1kgくらい曳いてもよろしいのやありませんか(-_-;)

↓一緒に回ったメンバー、文太、リリィさん、ケンタロウくん。
他にココアさんとマロンさん
お世話になりましたm(__)m

2位で賞状がもらえるそうな・・・・やった\(^o^)/

20061123bd_024

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年11月22日 (水)

崖っぷちの犬

レスキューに助け出されし子犬おり
         その裏側に消され行く犬

徳島県眉山というところで、崖の養生をしている途中に野犬が動けなくなっており、地元の人やレスキューが助け出そうと孤軍奮闘。
5日間ほどそのワンコは飲まず食わずなのだ。

初めてニュースでその子の映像を見たとき、『この子文太にそっくり・・・』
顔つきといい、前足の先と尻尾の先の白い毛といい、ちょっとおどおどした動きも。
人事と思えず、ご他聞にもれず毎回ニュースをチェックしていた。

翌日お昼のニュースで無事助け出された由、ほっと胸をなでおろした。
この子は里親希望者も引く手あまたでありましょう。
幸せな一生が用意されていると思いたい。

しかし、この子が日本国中の注目を集めている瞬間にも、捨てられたり、無責任な繁殖の末に誰にも抱かれることなく消されていく小さき命があることを忘れてはならない。

Img_1189

『助かってほんとよかったよ』ぶんた

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年11月19日 (日)

「G5関西方面隊オフ会」

Photo_33
Shall we dance? 竹中直人


「G5関西方面隊オフ会」
しゅりおん姉さんのHPで募集しておりました。
小夏ねーさんも文太も
G5関西方面隊のメンバーではありませんが、昨年のオフ会があまりにも楽しそうでありましたので、やかましいお二人を連れて、できるだけひっそり?参加させていただいた。

会場となった花博記念公園(鶴見緑地)は前日からの秋雨が延々降りやまず、大きな屋根のある場所で始まった。

20061119_008_1

しゅりおん姉さんの開会のご挨拶、自己紹介、その流れでワンコとお玉でボール運びリレー。
我『癒し系組』はリーダーの友蔵くんとママ、りきくんとmikkyさん、きなこちゃんとれいこさんがごいっしょ~。
お玉争奪のじゃんけんで気合の友蔵ママ、goodなお玉をゲッツ!(^^)!
しかしタッチの差で『セレブ組』に一位を持っていかれた。残念じゃ・・・

20061119_026_1

その他ワンコの体重当てゲームやお着替え競争など、多彩なプログラムで楽しい楽しい\(^o^)/

20061119_060_1
ヒゲダンス? この時ゲームで着た宇サブローのウエア、チョコ・チップ・クッキーママから頂きました。
きょんたさんありがとう!ラッキー(*^^)v 



目立ってナンボのオフ会、『おおっ!!!』のシーン

20061119_017_1

始まったばかりでちょっと緊張ぎみの雰囲気のとき、小雨の降る中逃走の末ザンブと池に飛び込み、見事な泳ぎっぷりを見せてくれたみゅうちゃん。
場を盛り上げる勇気、見習おう!!!


体重当てゲームの答え合わせの真っ最中、『わーい、なんか面白そうなことやってるんちゃうん、ぼくも量って~』と乱入、華々しく登場した小鉄くん。
場を和ませるパフォーマンス、見習おう!!!


最後の着せ替え競争でアフロのズラを咥えて走り出した福来ちゃん(福来ちゃんはご近所犬でぶんがいつも遊んでもらっている)
場を盛り上げる努力、見習おう!!!


Photo_32
赤いドグルスがもも太郎くん

購入したドグルス着けての記念撮影、ドグルス上下さかさまに着けていても、『えっ、そう?』『かめへんかめへん』と言うた、もも太郎くん。
場を和ませる大らかさ、見習おう!!!


わがやのワンコも目立ってみたじょ。


20061119_027_1

Photo_34
Wコナツさんチアリーダー 


しゅりおん姉さんはじめ楽しいこと大好きなスタッフの方々の孤軍奮闘のお陰で楽しい楽しいオフ会となりました。
ありがとう感謝m(__)m

20061119_051_2

お開きとなったころには、紅葉を散らして氷雨が本格的な降りとなっておりました。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006年11月12日 (日)

knotsりぶらぶあにまるず

神戸ポーアイ芝生広場、りぶらぶあにまるずに参加。

小夏ねーやんはノービスにエントリー。
ギャンブラーな小夏ねーやんは、ゆっくり無難に?走って6位、まっこんなもんです(^_^;)

今回は文太くんの初跳び(*^^)v
おっちゃんは無謀にもノーリードで挑戦なのじゃ~

Photo_29 『やったるで~』文太

で・・・やりました。
2個目のトンネルに入り損ねたぶんさん、おばちゃんのところへ来たのかと思いきや、お仕事で隣で写真を撮っていたお兄さんに寄っていった。
やっと入ったトンネル、出てきたらカーミングシグナル『まあまあおっちゃん落ち着いて(^_^;)』

『おっちゃん、こんなもんでどうでしょ?』 ぶん


Photo_30 『ぼくはやるときはやるで』バーニー

Kanon 美しい姿勢のかのんはん

一直せーーーん

Photo_31 初跳びで3席のリリィさん、速かった

今回からフリースタイルも競技のひとつになっていた。
ララベルちゃんのお父さんもベルちゃんとエントリー。

Img_1221
人生の大先輩をつかまえて失礼かもしれないけど、衣装もなんとも可愛くベルちゃんと緊張しながらもとっても楽しそうにステップを踏み、ベルちゃんは十分にお父さんの期待に答えていた。
おばちゃんは感動の嵐でありました。
勝三郎くんもフェイキーちゃんもすばらしい!!!
リズム感の欠落した何を歌っても演歌になってしまうおばちゃんは、小夏と文太で『兄弟船』でやってみましょうか^m^

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年11月11日 (土)

続・本当は怖い家庭の医ぬ学☆おばちゃん編

Photo_19 先月の六甲山わんわん運動会の翌日から左の肩甲骨の内側が寝違えのように痛くなっていた。
強風のなかタープを張ったせいだとずっと思っていたのだがなかなかよくならないし、そうこうする内に左腕がだるくなって、次は指先が痺れたようになってきた。
ここのところ仕事も忙しくて、1日PCの前に座っていることもあり肩こりから来ているのかもしれないと、接骨院で鍼をしてもらい背中はすこしましになった。
ところが指先の痺れがいつまでもとれないので、ちょいと心配になりやっと整形外科で診てもらう事になった。
指先の痺れは頚椎からくることがほとんどなので、首から上のレントゲンを撮った。
診断結果、『頚椎症』。
頚椎の4番目と5番目の間が狭くなって変形しており、神経を圧迫しておるのだそうな。。。。。
しばらく、リハビリと飲み薬を続けて下さいとのこと。
いやはや、歳のせいにはしたくないけれどいろんなところに歪みが出てくるのです。

文太の関節のことで、少し情報を知っておこうとちょうど読んでいたところに、ヒトにも効きそうなサプリやハーブのことが出ており、試してみようと思っている今日この頃です。

Scan0610163_1

ああ、だる・・・・・・(-_-;)

このシリーズ、目からウロコです。
他、『アレルギーと皮膚疾患』、『ペットの健康ごはん』などがある。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年11月 3日 (金)

奥飛騨旅情

Photo_18 遥かなる山の呼び声


11月2日、おばちゃんは会社の創立記念日でこの日から4連休となった。
犬連れ旅行は文太が来てからは初めてである。
紅葉の山を見たくて、飛騨高山、奥飛騨温泉郷を目指す。

好天が続き気温も平年並み、往路は平日なので東海北陸自動車道は快適ドライブでありました。

途中川島PAハイウエイオアシス直結、木曽川沿いに広がる河川環境楽園で休憩。
木船遊覧があったり、農家が再現されてあったり、懐かしい風景のなかで散策にはちょうどいい。

2006112_014_2

木曽川の水を引き込んであるのか、中を流れる川は、結構深くてきれい。
大きなコイもいっぱいおり、小夏ねーさんも文太も不思議そうに覗き込んでおりました。

『なかなか犬なつこいコイやね』byぶん

こらこら そんなにひっついたら鼻吸われまっせ~

2006112_019_3 

まだまだ先は長いので、高山を目指して出発。

スキー場が続き、どんどん標高が高くなり紅葉真っ只中のひるがの高原SAで休憩。

『こんなきれいな景色で空気もおいしいので、気持ちよーくしっこしときました。』by小夏


高山は飛騨の里、ガラス美術館に併設されているオープンカフェはワンコも入れてくれる。
ちょっと遅い昼食に飛騨牛のカレーをいただいた。
パラパラ雨も降ってきて、出してくださった膝掛けがありがたかった。

2006112_023_1

ここから平湯温泉方面へR158をひたすら山の中へ・・・・
丹生川久手にある高山わんわんパラダイスホテルが本日のお宿。
着いたときには大雨になっていた。

2006112_039_1

ここの温泉は大浴場ではなく全部個室の露天風呂、ワンコと入れるお風呂もあります。
食事はレストランで季節の会席料理。
松茸も飛騨牛もありました(*^^)v
ワンコ用のメニューもありました。
ぜひ飛騨牛を・・・と思いましたが、フードを持参していたことでもあるし、温野菜の盛り合わせをたのみました。
『なんでやねん』byこなぶん


翌日、すっきり秋晴れ!

2006112_061 鍋平駐車場、正面に槍ヶ岳が見える。


40分位で新穂高温泉へ、本当は上高地へ入りたかったのですが、今は通年マイカー規制されており、平湯からはバスかタクシーに乗り換えなければならない。
タクシーも乗せてくれるかどうかは交渉しだいらしい。
交渉成立したとしても、こなぶんを抱いて気を使って乗せてもらうのは気が重い。
とにかく小夏ねーさんと文太を連れて山を歩きたかったのである。
新穂高ロープウェイで西穂高口まで上がればそこはもう雲上の楽園であります。
しかし、無情にも『ペットは乗せられません』のだと。
そこで、第1ロープウェイと第2ロープウェイの乗り継ぎをする鍋平高原までマイカーであがり、散策することにした。
全行程約2時間、6.7㎞のパノラマコース。
かなり標高差もある山道、こなぶんはどうかとちょっと心配したが何の問題もなく元気いっぱい\(^o^)/
ほとんどの人はそのまま上まで行ってしまうのでこのコースを歩く人はまずいない。
迫力の笠ヶ岳を正面に見ながらのコースはかなり満足でありました。
小夏が吠えようが気を使わずにいられるしね。

2006112_024_1 2階建てロープウェイが上がっていく。

2006112 パノラマコースを完走して満足げ
バックは笠が岳
2006112_077

復路は高山市内を少し歩いて、渋滞の東海北陸道をやっと抜け帰宅したのは11時になっていた。
天気予報では来週の中ごろ雪マークがでていた。
まもなく奥飛騨に冬がやってくるのだ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »