« 万年筆 | トップページ | 淡路ちょい旅 »

2008年6月12日 (木)

後部座席にて

002

車の後部座席、最近小夏ねーやんとおばちゃんが乗っている。
吠えずにおりこうにしていれば、時々遊んでやる。
遊んでもらってるという噂も・・・
ゲームなんかもする。
バンダナを結んでハウスの上に置いたり、助手席背もたれの手すりに掛けたり、ハウスとドアの間に隠して宝探しをする。
見つけて、咥えてハウスに戻れたらクリッカー『カチッ』。
動いている車では、あまり安全な遊びとはいえないので適当に切り上げるが、笑顔で催促されると『もう一回だけやで~』。

car後部座席もシートベルト装着義務化・・・・なかなかねーやんのご期待には添えなくなりましたすね~
そーいえば先日、後部座席で初めてシートベルトしようとしたらどうやってもカチリと嵌らない。
『あかん、おっちゃんこれ壊れてるで・・・』
後でおっちゃん確認すれば、どうやら反対側用に無理やり嵌めようとしていたようでありました。sweat02

因みに文太は助手席でハウスしています。
ドアを外していても、出てきません。ウンともスンとも言いません。dog

20085_002

|

« 万年筆 | トップページ | 淡路ちょい旅 »

「小夏と文太」カテゴリの記事

コメント

わお、小夏ちゃん文太ちゃん優秀happy01
先ず、小夏ちゃんのような高度な遊びはナナにゃ無理。
そして、文太ちゃんのような落ち着きはナナにゃナイ…bearing
ナナに爪の垢でも煎じて飲ませたいよ、マジに。
アホだからマジに飲んじゃうケド(爆。

ナナは車に乗ると、道路工事の旗振りオジちゃん、
ワンコ、バイクにモノスゴイ反応してガウガウ吠えますdown
発見するとガラスをガチャガチャに引っ掻き、ガラス越しに
噛み付こうとしますgawk
なだめようと不用意に手を出すと確実にガブリッsad
お陰で窓はナナの鼻紋と唾だらけwobbly拭くのが
大変です。拭かないけど。

車にハウス…
置いたとしても絶対入らないだろうなぁ~…

立ち上がって、若しくは人の膝の上で外を眺めるのが
好きなようです。

投稿: K | 2008年6月13日 (金) 08時33分

ハウス!
なんて素敵な響きの言葉でしょう♪

ガクちんの辞書には存在しない言葉ですねえ。

ガクは車に乗るときは、事前にペット用キャリーバッグへ詰め込まれ、後部座席へシートベルトで固定!です。

その時のヤツの気分で「ワンワン!ガゥガゥ!」ですね~。

投稿: ガクパパ | 2008年6月13日 (金) 22時21分

小夏、嬉しそうないい笑顔ですね~happy01
こうして遊んでもらえることで、随分ストレスも
解消できてるようで良かったですね。
なんかこの笑顔、ほっとするわ~wink

文太、ハウスのドア付いてなかったんだ~。
運転中のおっちゃんの邪魔もせんと
おりこうだね~good

半蔵だったら、運転中であろうがお構いなしで
「遊べよ~!構えよ~!」と鼻先で
グイグイ腕を押してきそう~sweat01

投稿: こなつ母 | 2008年6月14日 (土) 11時56分

dogKさんへ
いえいえ、なぜおばちゃんが後部座席に乗らねばならんのか?
それは言うに言えない訳があるのです。
ホントは後ろで二つハウスを並べて大人しくしてくれるように・・・が目標です。
ななくんもガウっちまうんですか・・・。
全然そんな風には見えません。
文太は栃木から大阪への長旅、ハウスに入ってきましたからね~scissors
我が家の車もねーやんのよだれと鼻紋がぁ~

投稿: のざっぴ | 2008年6月14日 (土) 22時12分

dogガクパパさんへ
ガクちん、後部座席でちゃんとシートベルト・・・・
ごうかーく!
私が一人で運転、後ろにハウスで小夏のみ乗せてた時カーブで横転び、ブレーキで後部座席の足元へ転落。。。
ハウスも固定しなければ危険なことになります(ーー;)
ところで栃木は地震大丈夫でしたか?
お見舞い申し上げます。

投稿: のざっぴ | 2008年6月14日 (土) 22時21分

dogこなつ母さんへ
こなつも半蔵もハウスで大人しく車に乗っていられるから羨ましい。
小夏嬉しそうでしょ?
まずは吠えないでもよい環境にすることですかね。
ぶんはなかなか落ち着いた奴ですよ、なんせハウスで栃木からやってきたんだからねcoldsweats01

投稿: のざっぴ | 2008年6月14日 (土) 22時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151467/41504144

この記事へのトラックバック一覧です: 後部座席にて:

« 万年筆 | トップページ | 淡路ちょい旅 »