« 近い近い・・・ | トップページ | 似て非なるもの »

2009年1月13日 (火)

ごはん

本日のごはんです。

011

主食は肉(本日はラム骨ごとパラパラミンチ生)、ごはん、にんじん、かぼちゃ、白菜の芯、春菊、シイタケ(・・・鍋食材残やね)

肉はラム(骨ごとミンチ)、マトン、馬、ベニソンなどをまんべんなく生のまま。
約ひと月分まとめ買い。
お陰で我が家の冷凍庫2ケのうち1ケはこなぶん用となっている。
野菜は今の時期、前日の鍋材料の残り(白菜の芯、春菊、豆腐、シイタケ‥)など。
お肉の消化をよくするのに、りんごを擂って入れたりもする。
大根やブロッコリー、オクラや納豆なんかも大好き。
結構いろんな食材を食べています。

手作りごはんにしてから約1年、こなぶんの体調はとってもいいかんじです。
マイクロバブルのお陰もあって小夏ねーやんのカサブタもほとんど出なくなった。

基本、おっちゃんおばちゃんのごはんの残りを使うので、無駄も出ない。
逆の場合もアリcoldsweats01 
大方は、こなぶんのほうがバランスよく食べているな。
好き嫌い云わんしねrestaurant

手作りは大変かなと思っていたが、やってみれば意外に簡単。
何を食べて何が消化しなかったのかなど把握できるしね。
時々、ねーやんは外で何かわからんもんを拾い食いしてますケド・・・ダメじゃんng
パンとかカリントウなんかを盗み喰いしますケド・・・あきませんやんng

朝、解凍が間に合わない時や旅行の時は、200gづつ小分けに包装されているwanfooのドライフード。

あんまり神経質にならないことが大事かも。
ヒトだって、身体に悪いもんのほうが食欲をそそったりするもんです。

参考にしているのは

riceball本村伸子さんの『もう迷わない!ペットの健康ごはん』
(犬と猫の身体によい食材一覧表)が便利、コピーして冷蔵庫に貼っています。

cake櫻井雄司さん『愛犬の健康を考えた手作りレシピ』

restaurantキュー先生のセミナー

|

« 近い近い・・・ | トップページ | 似て非なるもの »

「小夏と文太」カテゴリの記事

コメント

こなぶんたちは毎食愛情ご飯で育っていたのですね~。

我が家のガクは、365日毎食カリカリご飯です。

なので、たまぁ~に缶詰(生肉系)なんてあげるとお皿をいつまでもいつまでも
ペロペロペロペロ…しております。

もし文太んとガクが会う事があれば、そんな事も会話されてしまうのかな?

投稿: ガクパパ | 2009年1月15日 (木) 21時08分

dogガクパパさんへ
小夏ねーやんは4歳くらいまでは、ずっとドライフードでした。
背中のカサブタがなかなか治らず、いろいろ変遷の末たどりつきました。
最初はトッピングだけ⇒朝はドライフード、夜だけ手作り。
今は皮膚もかなりイイかんじです。
人間はファストフード、ジャンクフード、コンビニ弁当大好き\(;゚∇゚)/
文太を関西空港へ迎えに行った日、車に酔ったのかすぐにゲロっちゃいましたが、糸コンニャクが出てきたときはびっくりしました。
昨夜はお別れパーティーですき焼きやったんか?って(爆)
最近読んだ本には時々はコンニャクも与えるのがよいと書いてあってびっくりしました。

ガクちんと文太そんな話すると面白いね。

投稿: のざっぴ | 2009年1月15日 (木) 22時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151467/43728747

この記事へのトラックバック一覧です: ごはん:

« 近い近い・・・ | トップページ | 似て非なるもの »