« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月28日 (火)

手作りチョーク

さなえママさんがこなぶんに革のハーフチョークを作ってくれました。

『(/ ^^)/アリガト~』

Cimg9853_2 

どうです?ガラ悪い文太くんには、もっとスパイクとか付けてもらってもワイルドでよかったんではないでしょか(爆)。

お花がついたのが小夏ねーやんのんです。

オレンジはコギによく似合うのよね~(・∀・)イイ!。

来る9月26日、27日南港ATCホール OSAKAアート&てづくりバザール に出店されます。

ぜひ行ってみてくだされ(◎´∀`)ノ。

『Osakaベイブログ』なので、もちろんのざっぴも見に行きます!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年7月23日 (木)

やりすぎです・・・・

これが『モウ~モウ~』と啼く、小夏お気に入りのおもちゃ。

明らかに飼い主と文太の反応を見ておる。

Cimg9850_5

ぶんさんはねーやんのハウスで・・・『や~め~て~く~れ~』

Cimg9848_4

張り切りすぎ、『バッタリ・・・』行き倒れ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年7月21日 (火)

ひえひえ・・・その2

Cimg9846

シャンプーのおまけにもらった、ひえひえグッズ(COOLワン)。

水にクールパックを浸すと中の冷却材がゼリー状になります。

それをバンダナのポケットにいれるだけ。

バンダナは濡れずにさらさらで、クールパックは繰り返し使えるらしいよ。

日曜日夕方は曇っており、それほど暑くはなかったですが使ってみました。

Cimg9842

『まあまあやな』こなぶん

Cocolog_oekaki_2009_07_22_09_29

ココログお絵かきツールを使ってマウスで描いてみた。
手が動かん・・・・・coldsweats01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月14日 (火)

こうみえて・・・

Cimg0302

こうみえて ほんとはオレって ビビリ犬

こうみえて・・・ってじゅうぶんビビリ犬に見えてるし。

先日、こなぶん連れてお散歩中、前ご近所犬『パンチくん』に出会った。
お散歩の時間が違ったので、いままでほとんど接触はありません。
サマーカットのコギさん、満面の笑顔でいつだってオフリードなのだ(・・・・)。

『おう、おまえなんか前にすれ違ったことないか?』笑顔で近づくパンチくん

『え?知りませんけど』とぼけ顔の文太

『ちょっと匂ってみろや』パンチくん

『はいはい・・・くん(匂うフリ)・・・(そして豹変)bombわっわっわんわん!!!!お前なんか知らんわいannoy文太

『文太ガラわるいなあ・・・弱い犬ほどよく吠えるって言いまっせ~』おばちゃん

『あーさよか、ガキよのう。』怒るわけでもなく、ビビるわけでもなくチョー大人の雰囲気で去っていく、気流しが似合いそうなパンチくんでありました。

『パンチ、惚れるわ・・・』おばちゃん

ビビリのぶんさんは先手必勝、ねーやんとはまた違うところで目が離せない。 

《牛にもビビる》
クリッカー教室で文太がゲットした牛のおもちゃ、お腹をくわえると『モウ~モウ~』と啼く。
初めから興味を示さず、ねーやんが咥えて遊ぶとそそくさとねーやんのハウスへ。
ねーやんが牛のところへ行くだけで、いつの間にかいなくなるビビりな文太くん。
文太が嫌がるとわかると咥えてわざと近づく、これまたいけず~なねーやんなのです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年7月 7日 (火)

スピリチュアル犬

Photo 『スピリチュアル犬ジローの日記』がほのぼのおもしろかった。
柴犬のジローが6歳で突然死したところから始まります。
こちらの世界のジロー(幼犬~成犬期)からあちらの世界のジローへと日記は綴られます。
普通、犬の日常など毎日同じようなことの繰り返しなのだから当たり前だけれど、途中かなり退屈なところもあったりします。
あくまでもジローが書いた日記なのでそれらしくなっているのだね。
いや、ほんとにジローが書いたのかもしれないな。
親父が書いた原稿を校正したりもするらしいから(笑)。

あちらの世界のジローは死んだ翌日からじぶんの存在を親父に知らせようとします。
ドアを爪でひっかいて白いキズをつけたり、食堂の入り口の柱をガリガリ噛んで痕ををつけたりします。
音も聞こえる。
娘のトッコちゃんはジャラジャラと鎖の音を聞きました。

実際に白い引っかき傷や噛み痕、机に丸く光るジローの霊体の写真も載せられていて、不思議だけれどあるかもしれないと思わせます。
死んで自由になったジローの魂がいつも傍にいると感じる親父のとまどいや、もう既に死んでいるのに『ジローが元気でいますように』と天神様に祈る親父の気持ち、わかるような気がするな。

ジローの魂の存在に気づいた親父とトッコちゃんが、生前からの大好物おいなりやさしみを供えれば、スピリチュアル犬ジローはエキスを吸い取りお下がりはすっかり味がかわっていて、とってもマズかったりする。
面白いなあ。

Photo_3
大喰らいのねーやんが、将来スピリチュアル小夏となった暁には家中の食べ物のエキスを吸い尽くしてしまいそうで、とっても心配。
『なんでやねんannoy』小夏

『犬の霊』というとちょっと退いてしまうけれど『スピリチュアル犬』と言ってしまえば、なんだか羽の生えた天使犬が浮かぶのはなぜかしらん。
少々食べ物の味が変わろうと、おばちゃんはできるだけ我慢するからずっと傍を離れずにフワフワしているのだよ。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2009年7月 2日 (木)

これがマタタビ酒

Cimg0312

マタタビ・・・ネコが大好きくらいの知識しかない。

文太の異母兄弟ナナくんブログに載っていた、『ナナくんとマタタビ酒』。
梅酒のイメージで『おいしいのか?』とコメントした。
苦いし不味いが、よければ無料サンプルを送ってくれるとのことだったので、怖いもの見たさで応募したψ(`∇´)ψ

すると昨日さっそく送ってくださった。
しかもトチギでは有名な(ケンミンショーで見たような気がする)レモン牛乳、レモンとあるが無果汁、『これも不味いのだ』と言い添えて同梱してくださった。
ステキなマズイもの盛り合わせ(・∀・)イイ!

Kさん曰く、疲れた旅人がマタタビ食って元気を取り戻し、また旅に出たので『マタタビ』という。
ロックでひと口飲んでみた。
『うーーーん、マズイ!』想像以上でありましたが、シャッキリ目は開き(苦いので)、体はホカホカ(ま、アルコールやし)
なんだかいろんな効能がありそうな気がする。

お口直しに那須トラピスト修道院のガレットも入れてくださった。(やさしい)

こなはん家のこなつ母さんの分も送ってくださっておりますので、坐骨神経痛にも効くらしい『マタタビ酒』を楽しみにお待ちください( ̄ー ̄)ニヤリ

Kさんありがとう、これでまた旅にでられます。

(追)
ネット検索では、神経痛・リュウマチ・腰痛・疲労回復・痛風・利尿・冷え性・高血圧・更年期障害などに効能ありということ。
今まさに腰痛ののざっぴには救世主になるかもo(*^▽^*)o
水割りにして毎日飲んでみよう。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »