« 舞洲 | トップページ | ねーやん狼藉発覚 »

2009年8月14日 (金)

星守る犬

Img 少し前新聞の新刊紹介で、村上たかし『星守る犬』が紹介されていた。

紹介文と絵本のような表紙に惹かれて、実はマンガであるのは後で知ったのである。

ぎぎママのブログにも記事が載り、昨日やっと手元に。

一時間くらいで軽く読んでしまえるが、切ない・・・。

犬飼いでなくても心揺れるストーリーではありますが、犬飼いは感情移入が違うと思われ胸が詰まった。

『かけひきなしにまっすぐに慕ってくれる犬。僕自身愛犬にどれほど救われてきたか知れません。』と作者。

生きることに不器用なおとうさんは、最後の旅でハッピーの結石手術に持っていた金目のものをすべてリサイクルショップに売ってしまう。

一年以上も亡くなったおとうさんを守りながら、ついに力尽きるハッピー。

『おとうさん、さんぽにいきましょう。』

大好きなおとうさんと再会する。

『おとうさん、ぼくはしあわせでしたよ』きっとそう言っていると思う。 

切ない・・・。

もういちどゆっくり読んでみたい。(通勤電車では読めませんがねcrying)

横に積まれていたターシャさんの本も一緒に購入した。
こちらも心癒されます。

|

« 舞洲 | トップページ | ねーやん狼藉発覚 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

『星守る犬』・・・読んだ後、決して暗くなるわけじゃないんですね。でも切ない・・・おとうさんが迎えに来てくれたときホッとしたんです。ハッピーが一人ぼっちにされなかったって。ただ一途に信じる心に待ち焦がれた心におとうさんが応えてくれたんですね。何度も読み返してはどんどん読み方が深くなって行くような・・・行間のさらに行間を読んで行くような気がします。


↓うっかり青田赤道(あおたせきどうって)読んじゃったわ。なんか懐かしかったわ~「くえぇぇ~!」だっけ?

投稿: ぎぎママ | 2009年8月15日 (土) 13時00分

dogぎぎママさんへ
そうそう、『おとうさん迎えに来てくれてありがとう!』って思ったですよ。
ハッピーの絵が、なんとも一途な顔で泣けます。
続編はまた、本になるんでしょかね?
待ち遠しいです。

青田赤道を知っているぎぎママって・・・・
歳ごまかしてんのんちゃいますか?w(゚o゚)w
文太は舌が長くて、ひょろろ~『くえぇぇぇぇぇ~』なのでござる。

投稿: のざっぴ | 2009年8月16日 (日) 22時52分

ちょ~遅コメ。

この本、昨日本屋で見かけて買いました。
まだ読んでないけど。(漫画だったのね。書いてあるし)

じっくし読んでみます。

投稿: ガクパパ | 2009年9月 7日 (月) 21時59分

dogガクパパさんへ
いや~、ガクパパはお父さんだもの・・・号泣かもしれんよcrying
実はのざっぴ、昨日再読いたしました。
1回目より、じっくり読みました。
小説とはまた違う感動がありますね。
ハッピーの顔がなんとも心揺さぶるのよ。
読み終えたらきっと迷惑気なガクちんを抱きしめていることでありましょう。

投稿: のざっぴ | 2009年9月 7日 (月) 23時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151467/45919364

この記事へのトラックバック一覧です: 星守る犬:

« 舞洲 | トップページ | ねーやん狼藉発覚 »