« ほっかむり | トップページ | 25th BIGDOG GRANDPRIX »

2009年11月21日 (土)

アンクルトリスを覚えていますか

Photo

先日横浜の取引先の方が来られた時に頂いたお土産、ありあけハーバーの『横浜銘菓:横濱ベイブリッジサブレ』

ブルーの包装紙にベイブリッジと豪華客船のイラスト。
客船の窓から覗くおじさんの顔・・・・『おっ、これトリスのおじさんやん!』
客船の横に(Ryo)のサイン、そーですサントリーのCMで一世を風靡したアンクルトリスを描いた柳原良平さんだ。
私たちの年齢で多分知らないヒトはいないと思う。

検索してみれば、柳原良平さんは昭和6年生まれということなので、78歳になられる。
無類の船好きで、東海汽船でも商船三井でも名誉船長になっておられる。
どちらのHPにもミュージアム、ギャラリーがあり、独特の鮮やかな色使いのステキな絵を観ることができます。

アンクルトリスの楊枝入れを写真を見ながら描いてみた。
のざっぴが小学生のころからつい最近まで実家にあったように思うのだが、父に聞いてみるも『いや~そんなんあったかいな?』ですと。
蒐集家のかたのサイトではこの楊枝入れが5000円以上しておった。
実家で探してみよう、あれば念願のお宝になるかもですぞ。(わははは・・・)

|

« ほっかむり | トップページ | 25th BIGDOG GRANDPRIX »

「おばちゃんのこころぐ」カテゴリの記事

イラスト」カテゴリの記事

コメント

知ってます!トリスを買って~ハワイに行こう♪の時代でしょか。我が家にも爪楊枝入れのおじさん居ましたね!何処にいっちゃったかなdespair
若き頃は京都芸大の学生さんで寿屋の頃に入社したとか・・・実は京都の祖父母の家のお隣にモダンなコンクリートのお家が柳原さんちの実家で・・・ばぁちゃんがトリスのおじさんの家やえ~と言ってた。
京都にも西宮・豊中にも住んでたそうです。
開高健さんと東京に転勤させてくれ!と言って転勤出来たんだそ~ですlovely今は大好きな港の見える横浜にお住まいだとか。

投稿: kyonta | 2009年11月22日 (日) 11時21分

dogkyontaさんへ
へえ~、kyontaさんのおじい様んちのお隣に柳原さんちのご実家が・・・・
ケイクラフトのごとうけいさんもkyontaさんのご近所だったし、なんかゲージツカがkyontaさんの周りにかなりおられるようです。
アンクル船長の館が広島県尾道市にあるらしいです。
一度行ってみたいです。
そうそう、『トリスを買ってハワイに行こう~』でしたね。
ハワイがまだ夢の海外旅行の時代でした。
我が家はまだ夢ですケド(u_u。)


投稿: のざっぴ | 2009年11月23日 (月) 18時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151467/46823968

この記事へのトラックバック一覧です: アンクルトリスを覚えていますか:

« ほっかむり | トップページ | 25th BIGDOG GRANDPRIX »