« 雨の日はぁ~ | トップページ | (祝)本日のねーさん »

2011年6月12日 (日)

離婚だってありふれていた。

先月、劇作家で脚本家、俳優も映画監督もやっている三谷幸喜さんと、個性派女優の小林聡美さんが離婚を発表した。

いい夫婦だなぁと思って見ていただけに、かなり驚いた。

朝日新聞木曜日の夕刊に連載の『三谷幸喜のありふれた生活』はおもしろいエッセイで、なにより犬や猫との暮らし方がほのぼの描かれており、和田誠さんの挿絵とともに毎週楽しみにしている。(エッセイ本も全10巻でております。)

劇作家と女優という夫婦関係で『ありふれた』はありえないと思うけれど・・・。
離婚理由に『価値観の違い・・・』というらしからぬありふれたコメントの三谷さんでしたね。

離婚の報道を見て、真っ先に思ったのが黒ラブのとびと、猫のホイたちのこと。
子供のいる夫婦なら親権を争って裁判沙汰になったりするが、犬や猫はどうだろう?

子供の居ない夫婦にとって犬や猫は子供同然。
6月9日に掲載された『ありふれた・・・』には、10歳を越え口髭も白くなり身体の肉も落ち、渋い老人の顔になった黒ラブのとびとの二人だけの生活がはじまったことが書かれてあった。自分の今後のことより、ただいま最優先なのはとびに哀しい思いをさせてはならないことなのだという。

Photo_4

我が家も子供が居らず、犬2頭と暮らしているわけでありますが、おっちゃんと私がありふれた価値観の違いで離婚・・・・ということになったら、さて犬たちはどうするだろう?

小夏ねーやんは、『アジリティかてペアなんやし、2人と2頭で散歩するときもおばちゃんとペアなんやから、当然おばちゃんに付いて行く』と言うてます。
今日こっそり文太に聞いてみれば、『おっちゃんもひとりやとカワイそうやけど、やっぱりおばちゃんのおいしいゴハンは捨てがたい』と言うておりました。(ウヒ)

考えたくはないでありましょうが、近い将来間違いなくひとりになるであろう三谷さんの悲しみを思うと、人事ながら涙を禁じえないのざっぴでありました。

|

« 雨の日はぁ~ | トップページ | (祝)本日のねーさん »

「おばちゃんのこころぐ」カテゴリの記事

イラスト」カテゴリの記事

コメント

私もお二人のファンなので、驚きましたよ。
これまた、のざっぴさんと同じで
黒ラブのとびくんたちのことが気になっていました。
とび君は三谷さん、にゃんこたちは小林さんとは思っていたけれど
三谷さんはちゃんととび君に事情を説明してあげないとあかんと思ったわ。
ワンコ達って、言葉は通じないけれど
家族の変化には敏感やものね。

小夏ねーさんも文ちゃんも、のざっぴさんに付いて行きそう~。
我が家は、…グレースの気持ちとしては旦那やと思うけど
食べ物の事を考えると私側?(´_ゝ`)

投稿: さなえママ | 2011年6月13日 (月) 17時51分

dogさなえママさんへ
びっくりしましたね~。
まぁ、どこの夫婦だって外見だけでは見えない、当人同士しかわからないいろんなことがあるものですもんね。

三谷さんは、『家族がもうかえってこないことを、とびはいつどのように認識するのだろうか?』と書いていました。
なんか寂しさつのるわね。。。。。

おっちゃんは、文太に『おまえ~ごはんにつられておばちゃんに付いていくんか?あぁ?』と脅しかけとります(わはは・・・)
グレースもさなえママに付いときや、おいしいごはんは魅力よね。

投稿: のざっぴ | 2011年6月13日 (月) 22時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151467/51922988

この記事へのトラックバック一覧です: 離婚だってありふれていた。:

« 雨の日はぁ~ | トップページ | (祝)本日のねーさん »