« いろいろ届きました(嬉し) | トップページ | かかってこんかい(怒)チーム泣かされる。 »

2011年12月22日 (木)

こつまなんきん祭り

本日は冬至。

今年米寿を迎えた父と、冠婚葬祭以外に一緒に出かけたりすることもなくなって久しい。

先日父の家で、玉出の生根神社から来た『こつまなんきん祭り』の案内状を見つけた。

話を聞くと、以前よく行っていたおでん屋さんの、今は亡き店主が生根神社の氏子さんで、その方に誘われて行ってから毎年行っているのやそうでした。

今年も行くというので、一緒に行くことになったという訳です。

他にも拠所ない用事もあり、有給休暇をもらって一緒に行ってきた。

Cimg0376

西成区の玉出というところは、昔は勝間(こつま)村と言われており、当時は小ぶりで色の濃いかぼちゃが名産であったらしい。

江戸時代は天王寺蕪とこつま南瓜は有名ななにわ野菜だったようであります。

Cimg0369

初穂料500円でこつま南瓜と普通の南瓜を蒸して、甘く炊いた小豆を添えたんを頂ける。

Cimg0367

私は『家内安全』、父は『ぼけ封じ』に丸をつけて祈念する。

Cimg0370

父と並んで記念撮影。

『今東光の小説でこつまなんきんていうのがあったなあ。』
『冬至には(ん)が付くものを食べるとええらしい、なんきんは2個もついてる。』
体調の話ばかりでなく、もっといろんな話をしておこうと思ったことでした。

Cimg0380

これが(こつまなんきんと小豆)なり。美味。

|

« いろいろ届きました(嬉し) | トップページ | かかってこんかい(怒)チーム泣かされる。 »

「おばちゃんのこころぐ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151467/53547301

この記事へのトラックバック一覧です: こつまなんきん祭り:

« いろいろ届きました(嬉し) | トップページ | かかってこんかい(怒)チーム泣かされる。 »