« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月29日 (日)

ぶんさん昇格

辰年初OPDESは奈良浄化センター。

夜明け前に現地入り。

またもナビ頼りで街灯も無い農道へ。

なんでいつもこうなっちまうのだろ?

今回からパフォーマンスクラスってのができて、小夏ねーやんがエントリーしていたベテランズが無くなった。

バーダウンで走らせてくれるので、シニア犬にはとっても優しいと思われる。

これでケアもちゃんとしておけば、ねーやんもまだまだ楽しめそうであります。

小夏ねーやん

PFJP3・・・スタートまでにテンション上げきれず、ちんたら~でも3席(あはは・・・)

PFAG2・・・すこーし戻ってきたが、やっぱりぽんたら~でも3席(あはは・・・) 

PFAG3・・・ほとんどいつものテンションに戻ったが、表彰台には乗れず(あはは・・・)

マイペースでええやん。


文太くん

JP1・・・クリーンラン(2席)

JP2・・・拒絶1(3席)

AG1・・・失敗1(1席)

AG2・・・クリーンラン(1席)

パンパカパーンfuji文太くんこれで目出度く3度に昇格となりました。

と、言いたいところでありますが・・・残念なお知らせ。

3度を走るにはTT2(チームテスト紐なし)が条件。

『とっくに受かってると思ってた』と言ってくださる方もおられるが、何を隠そうぶんさんはこれがとーーーーっても苦手。

『ま、あせらずにじっくり自信をつけて頑張ってくれたまえ。』
永久資格の小夏より( ̄ー+ ̄)

Photo

らぶらぶライバルなおっちゃんたちと、おりこうなワンズ。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2012年1月26日 (木)

勇気づけられる。

勇気づけられる言葉というのは、いろんなところに転がっているもの。

Photo

同僚のS田さんのマグカップ。

きっと凹んだサラリーマンは勇気づけられると思うな。

Photo_2

イヌ見てますよ 頬張ってる貴女のこと ちゃんと見てますよ。

Photo
たしかにsweat01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月 8日 (日)

新春アジコンペ(おっちゃん、ピーンチ!)

山中かなり冷え込んではおりましたが、好天に恵まれた。

ハードルに向かって大声で『ハウス!』と叫んだおっちゃんやら、競技会初体験でコース忘れ心折れた某パパやら・・・楽しく大笑いもありながら、競技は進んでいった。

コンペも終盤にさしかかり、おっちゃんはケージなどを車に片付けにかかった。

のざっぴは上手なペアを見ながら、おやつなんかをつまんでおると、柵の外から『おばちゃsign04ん』とおっちゃんの情けな声が・・・

『こんなとこで(おばちゃん)はないやろcatface』と言いながら近寄っていくと、ハッ・・・こ、これは~sweat01

ここしばらく忘れておった脱臼sign02

どうやら車に荷物を積んでおる時に爆弾bombの左肩をぐいっと押しちまったらしい。

『はぁ~~~こらえらいこっちゃでcoldsweats02

Photo

もし肩が戻らなければ、最近運転していないのざっぴが運転していくことになる。どーしよ~coldsweats02
しかしこの山道を助手席でおっちゃんが痛さに耐えられるのだろうか?どーしよ~sad
そして休日に、しかも辺鄙なところで看てくれる整形外科があるやろか?どないしょ~crying

不安がなかった訳ではないが、最近おっちゃんは自分で戻せるようになっていたので、実は頭の隅っこでは『なんとかなるのではないか』と思っていた。

テーブルに腹ばいになって左腕を垂らし、杭打ちのハンマーを小夏のリードで左手首に縛り付けた。

筋肉の戻ろうとする力を利用して無事戻すことに成功したのでありました。(よかった~)

ま、一番ほっとしたのはおっちゃんです。

テーブルを片付けて下さったり、テーブルに乗るのを手助けしてくださったり、重しを探して下さったり・・・。

大勢の方々に親身になっていただき、『大丈夫でしたか』『痛みませんか』と暖かい言葉をかけて頂きました、ご心配くださいました皆々様本当にありがとうございました。

満足にお礼も言えずに帰りましたが、本人に成りかわりましてお礼申し上げます。

cloverclovercloverclovercloverclovercloverclovercloverclover

さてさてアジリティはというと。。。。。

小夏ねーやんは元気でマイペース。

文太くんのムービー、なぜだか変換できずwobbly

元気な10歳小夏ねーやんとsecret歳のざっぴペアを貼り付けときます。

文太くん、最近は安心して見ていられるようになった。

失敗しても凹まずに最後まで走りきれるようになったからね。

これはとりもなおさずハンドラーが凹まなくなったということで相乗効果であります。

fuji

そんなこんなで辰年のアジリティは幕を開けました。

七転び八起き、なんやかんや皆様にも助けられながら、今年も楽しくピョンピョンできたらいいなぁと思います。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年1月 4日 (水)

年末年始

平成24年も明けて3が日が過ぎ、日常が戻ってきた。

年末30日に父の家の台所蛇口、水漏れ。

10年寿命を30年使っておるのだから仕方ない。押し詰まってアタフタしたがなんとか片付いた。

大晦日、父宅で年越し蕎麦。

翌元日朝、父宅で土佐鶴と雑煮で新年を祝う。

昼からおっちゃんの地元のN神社へ、こなぶんと初詣。(神前まで30分程並ばねばならないが、どういう訳かここではねーやんは神妙なのだ。)

その後おっちゃんの母ちゃんに新年の挨拶。

そしてその後・・・・・・

Cimg0443_2 
喰っちゃあ・・・・・

Cimg0440
寝え・・・・

Cimg0444
喰っちゃあ・・・・・

Cimg0418
寝え・・・・

Cimg0423_2 
散歩も近場で済まし


Cimg0437
『どっかとーくへ行きたいわね』などと言いながら
3日が過ぎた。

Cimg0361
毎年同じように3が日が過ぎ、平凡でも穏やかな一年がくるのだと信じているのだが・・・

ひゃ~~、ぶんちゃーーーん、ねーやんになんちゅーことsweat01

こんなこともあったりするのだ。

今年もおもろ~なこなぶんでよろしく頼みます。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年1月 1日 (日)

2012賀正

Photo_2

あけましておめでとうございます。

今回も龍の被り物こなぶんにしてみた。
龍は想像上の物やし、龍にみえなくもない・・・・かもcoldsweats01

毎年年初めに書いておりますが、やっぱり今年も・・・昨年は心ならずもご迷惑をおかけした皆々様ごめんなさい。
今年も大きなこころで、お付き合いいただきますようお願いいたします。

元気に大笑いしながら、いろんなことさらっと乗り越えていけたらと思います。

・・・・・・・・   おっちゃん・おばちゃん・小夏・文太より ・・・・・・・・

昨年はいろんな意味で、たくさんの人が価値観や人生観が変わってしまった一年だったのではないでしょうか。

辰年・・・龍といえば昨年ブータンのワンチュク国王が、福島県相馬市で『龍』の話で子供たちを励まされた。

龍をみたことがありますか?私はみたことがあります。

私たちは心の中に『人格』という龍を持っていて、経験を食べて成長します。
だから私たちは日増しに強くなるのです。
どうか自分の龍を大きく育てていって欲しい。

子供たちだけでなく、わたしも励まされたひとりです。

辰年にちなんで、こころに残ったシーンでした。

| | コメント (18) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »