« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月10日 (土)

アヒル救助ゲーム

ひさしぶりにねーさんとゲームgame

さー、ねーさん、アヒルさん全員救助したらご褒美いっぱいやで~dash

chick

chick

chick

chick

chick

chick


『出してどーするsign03』 のざっぴ

Photo_4

あたしがアヒル当番です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年5月 9日 (金)

ほうっておくと大変なことに・・・

Photo 2ヶ月ほど前から何となく食道、喉に違和感あり。

咳が出る。軟便が続く。風邪の症状のようでもある。

職場近くのクリニックで血液検査、胸のレントゲン、検尿、心電図検査も、異常は見つからず。。。。。

ここ2週間くらいでどんどん症状悪化。

食道のあたりにがっつりなんかありそうな感じがする。

かなりヤバイよ。

総合病院の消化器内科で初診。一週間後の内視鏡検査がきまったが、その一週間のあいだにもどんどん症状は悪くなる一方なのでした。

気分が悪い、ふわふわ感が続く。あかん、アカン、あきません、しんどい、シンドイ。

これは入院、手術は間違いないな。。。。。

喉のつかえるかんじはあるが、まだ食べられるし・・・。

普段はぶっとい指に食い込む指輪を忌々しく思っておるのに、いや今日はなんかくるくる回るし・・・けどいっこも嬉しないな。

本日が待ちかねた内視鏡の当日でした。

60年の人生初めての経験なり。(幸せなことよ)

鎮静剤を使った検査を迷わず選んだ。

注射してマウスピース咥えてたらすぐにわからなくなったようです。

ベッドで気付くと開始から約1時間30分経っていた。

『大丈夫、食道も胃もきれいですよ』が夢だったのか現実だったのか判別できず。

予定ではまた1週間後に結果発表になっていたのだけれど、体調の悪いのが続いているのが気になり、1週間もどうなんだろうかと悶々としなければならないのが厭で、診察もうけることにした。

心配した最悪の結果は免かれたことがわかった。

ではなにか?

症状から見て、『逆流性食道炎』ということでした。

28日分薬を処方してもらった。

ネットで調べてみれば、ほとんど当てはまる症状です。

ストレスや加齢(聞きたくなかった)、なかなか治らない咳なども原因になるらしい。

検査が終わっただけで、症状は相変わらずです。

しかしながら、懸念することがひとつ無くなってストレスも軽減したし、薬も飲んだ。

食べ物やいろいろ気を付けなければならんこともあるようですが、きっと徐々に良くなるのではないかと思っている。

おっちゃんにも心配かけた。

こなぶんも不安やったかもしれんね。

いろんなこと覚悟した今日この頃です。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2014年5月 7日 (水)

GW切り撮りました。

淀川河川敷です。

Gw

初夏のようです。

キューせんせ『小夏ぅ走っていいよ~、これからの犬生安静ばっかじゃつまんないもんね~、痛くなったら治してあげます。』って言われたので、文太について練習行ってみました。

2走したら、『あたしもうやりません( ̄▽ ̄)・・・見学します』ですと。

いやならやらないねーさんの性格見抜かれとります『あはは・・・』。

Photo

河川敷のフィールドはかわいい花盛り。

Img_20140505_0001

ハーバルコンプレス中のこなぶん。

Hellosdog  でごくらくごくらく~。

やっぱり文太はねーちゃんに頼ってるわね。

Photo_2

毎年この時季盛大に開花するドコmobilephoneの敷地です。

Photo_3

きれいだわ。

Gw_2

Gw2

シーサイドも五月晴れ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »