« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月30日 (木)

みんな愛されて。

小夏ねーさんが13歳、文太が9歳ですから、小さいころからの友達わんこも小夏と同じように歳をとり、消息をたどれば『食欲が落ちた』『顔の毛が白くなった』『鼻が利かなくなった』

ヒトと同じように老化の話が出る。

そして、ぽつぽつと虹の橋を渡ったお知らせが届き、淋しい秋です。

Img_0253

職場のご近所に、ご夫婦ふたりでやっているらしい計量器卸のお店があります。

そこにさくらちゃんという老柴犬が飼われておりました。

ほんとはつい最近まで名前を知りませんでした。

毎朝わたしは出勤時、初老のご夫婦がさくらちゃんをカートに乗せて散歩から帰ってくるのに出会っていたのでした。

さくらちゃんはどうやら皮膚疾患があったようで、お店の中の台に乗せたさくらちゃんをご夫婦が両側からお腹や背中を掻いてやっているところを度々目にしました。

先日、ご主人が店の前を掃いていて、家から出てきたご近所のワンコをナデナデしていると、ご近所の人と世間話をしていたワンコの飼い主のオバさん『さくらが居らんようになったからなぁ・・・』

Img_0250
そうでしたか・・・あの子はさくらちゃんというのやね。

そしてさくらちゃんは虹の橋を渡っちまったんやね。

何年一緒に暮らしたのかはわからないけれど、どれほど大事にされていたかは想像に難くない。

飼い主のご夫婦の寂しさを思うと、人ごとでなく泣けてくる。

みんなそうです、大事に大事にされてみーんな幸せな犬生でしたね。

愛犬を亡くされて、ぽっかりあいてしまった風穴も少しずつふさがって、気持ちも未来へ向いてきたお知らせをもらったりもします。

よかったなぁ・・・逝ってしまった愛犬もきっとほっとしていることでしょう。

Img_0238

↑この大きなものは高知県と新潟の梨を掛け合わせてできた『新高梨』です。

高知のいとこが送ってくれました。デカイ!

ねーさんもぶんたもこれにはかぶりつけんぜよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月26日 (日)

大阪マラソンとちょいハロウィン

本日大阪マラソン

朝散歩でゴールゲート見てきたよ。

只今AM9:50 もう大阪城をスタートしていますね。

Photo

ゆっきぃちゃん、職場の方々と2度目の参加ですね。

楽しんで完走目指してね~。

Photo_2


runrunrunrunrunrunrunrunrunrunrunrunrunrunrunrunrunrunrunrunrunrunrunrunrunrunrunrun

1

昨日はシャンプーDAY、さっぱりした文太くん。

maronに帽子借りてちょいハロウィンなり。

Photo_3

先日ニトリで買ったしろくまの抱き枕よ。

ねーさん抑え込みイッポン勝ち!

久しぶりに朝アップでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年10月10日 (金)

おさがり

父の遺影と遺骨を49日までまつる白木の台。

お水とご飯をお供えする。

夜は缶ビールもね。

今朝、供えたご飯を喰ったやつがおりました。

この方です。

Cimg0542

あんな~、じいちゃんがな~、『もう食べたし小夏にやるわ』

って、言わは・・・・ってん。

ですと(*≧m≦*)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年10月 9日 (木)

父のこと

初七日が過ぎました。

肺炎で入院して2週間、父は90年の生涯を閉じました。

Photo

この写真はほぼ10年前、小夏が3歳くらいですね。

介護が必要になってから、ずいぶん父との距離が縮まった気がします。

怒っているシーンが記憶にありません、穏やかで優しい父でした。

入院の知らせを受けて、訪ねた私に

父:『あんた娘によう似とるが・・・』

私:『そらそや、本物やからな。』

認知がすすんであまりしゃべらなくなっていた父と、最後の会話になりました。

浅田次郎さんの『椿山課長の7日間』なら、今頃は冥土で極楽往生のための講習をちゃんと受け、あっさり反省の赤いボタンを押し長ーいエスカレーターで極楽へ行き、迎えに出た母や兄や婆ちゃんと『おう!』『おう、おう!』久方ぶりの再会で美酒を酌み交わして居る頃です。

おっちゃん、ホールの駐車場に車を入れようとして、またもや肩抜けかけたり、細かいアクシデントはありましたが、滞りなく式も終わりました。

3泊4日、ペットホテルへお泊りのこなぶんも帰って、ほぼ通常営業に戻ったこなぶん家です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »