« 直子 | トップページ | 小夏と小夏 »

2015年6月28日 (日)

動かれへん

散歩から帰っての玄関で、おれとねーやん。

Img_1505
おばちゃんがお風呂で体拭いて足洗ってくれますねん。

準備できるまでおれとねーやんは、いつも賢いコーギーみたいに待ってますねんよ。

こないだのこと、おれがフセして待ってんのに、ねーやんはおれの右前足の上に座りよってんで┐(´-`)┌

おれってダンディーやし、『そこどいてんか』て言えへんもん、動かれへんやん

((・(ェ)・;))

Img_1507

『でっ・・・・?』 小夏

|

« 直子 | トップページ | 小夏と小夏 »

「小夏と文太」カテゴリの記事

コメント

文太~、これはしょうがない。だって小夏の子分、あっゴメン弟やもん(笑)
じっと耐える文太、偉かったね!
でもたまには言ってみたら?『どけ!』って、ボコボコにされるやろうけどねshock

キュー先生とこで、文太が入って来ると小夏が怒るって聞きましたよ~(^w^)

投稿: こなつ母 | 2015年6月28日 (日) 17時22分

そりゃ、にーさん、鉄の女のおしりやよって、黙って耐えるしかないっすよ。by小太郎

投稿: うー太郎 | 2015年6月29日 (月) 14時50分

dogこなつ母さんへ
はぁ・・・・
やっぱりな。
ねーやんやし、しょがないわな。
そや、きっとボコボコ( ̄◆ ̄;)

キューせんせとこは、ねーやんのほうが先やねんけどな、とちゅうでおれが入っていったら『なに見とんねん、オラオラ』ておこられます。by文太

プライドが許さんのね。のざっぴ

投稿: のざっぴ | 2015年6月29日 (月) 15時51分

dogうー太郎さんへ
やっぱしね。
鉄の女のおしりは重いねんで。
小太郎も一回乗られてみhappy02 by文太

投稿: のざっぴ | 2015年6月29日 (月) 15時53分

この前言っていたのは、この事だったんですね。
手の上だったり、頭に座ったり。
変わらず笑いを提供してくれる小夏とブン。
そうそう!この調子でこれから先もず~っと笑いを提供してね。
うん、ブンは優しい子だ*^^*

お昼や食後の冷やかしも含め、よーく笑った月末になりましたね。

投稿: maron | 2015年6月29日 (月) 19時54分

dogmaronさんへ
そうよ、このことやったんですねん。
頭にマウンティングするのはぶんちゃんですcoldsweats01
笑っていただけて、こなぶんもおよろこびでしょう。

なんかひさしぶりに大笑いしたような気がする。
やっぱり会長がいないとあきません。

投稿: のざっぴ | 2015年6月30日 (火) 21時47分

大変ご無沙汰しております。
時々こちらとリンク先皆さまのブログも拝読しておりました。

≪トライのコーギーケンタロウ絵日記≫は、私がパスワードを忘れたのでした。今も貼っていただき感謝にたえません。

6/7に11歳の誕生日を迎え小さな犬用ショートケーキをガッツいたケンタロウですが、既にその時は余命数週間を宣告されており、急な病と病気知らずの元気さゆえの進行の早さで、それから22日目、6/29に看取りました。

大阪(4)→岡山(2)→広島(2)→東京(8ヵ月)→大阪・弁天町(8ヵ月)→東京(約2年)で、7回目の移動は果たせませんでしたが、どこでも適応能力の高さを発揮し、新幹線移動しまくりでした。

岡山ではフリスビー大会にも参戦し、以後趣味的に続けいましたが、走るのが何より好きで、最後の最後までフリスビーを催促していました。

病魔がわかったのもフリスビーの最中に倒れたのがきっかけ。

周期的に不調が襲い、病院に行った1ヶ月後に言われたのは、脾臓腫瘍が破れ、中で大出血との医師の見立て。

開腹や検査も予断を許さず、輸血要で転院が必要とのこと。
結局、メスをいれることもなく、自力回復しました。

倒れた4月中旬、貧血(予想)と目眩のようなふらつきで足元から崩れ、その場に倒れたのですが、数秒で起き上がり、また水分とフリスビー投てきを求めてきました。

それから2ヶ月余り、本当に急に逝ってしまいました。

吸収された出血や腹水は、肝臓、肺に みるみる転移し、大学病院でのレントゲンで相当数の転移腫瘍(写真)を目の当たりにしました。

手の施しようなく、一切の治療もなく、自力で貧血も腹水も一旦回復。期待もしましたが、宣告どおりでした。

弱音を吐くこともなく、亡くなる当日も散歩に行き、スポーツで鍛えた筋肉とタフさ、心臓で辛うじて持ちこたえていたのでしょう。精一杯がんばりました!

夜、2回目の散歩に出かける途中、大好きな移動用バギー(新幹線に乗るときにも愛用)の中、エレベーター前で痙攣がおき、自宅玄関前まで戻ったとき、お気に入りバギーにもたれ安らかに息を引き取りました。

一次・二次病院にも宣告後は行かず、予想された処置も一切不要、紙オムツも脱脂綿も末期の準備すら何もいらずで拍子抜け。

偶然にせよ、その最後までの気の使いようと果敢に病魔と闘い抜いたことを褒めてやりたく、また、転々と引っ越したため、異郷の空の下でひっそり、友達犬もおらず旅立った魂を癒してやりたく、こちらに報告とご挨拶に越させていただきました。

ケンタには私ども夫婦しかいなかったのですが、一番楽しかったビッグドッグ時代の訓練や仲間、可愛がってくださった皆様のことを、苦しい時も支えに、あの頃の訓練やベースがあったからこそ、敢然と力強く立ち向かって行けたのだと思います。

安らかな眠りについた時は、ようやく息苦しさから解放してやれたと安堵すらありました。

今日が火葬の日です。

トライなので、愛おしい三色の毛を、ケンタロウに詫びつつ数ヵ所少しずつカットして、手元に。

今はまだ存在感の大きさに打ちのめされ、寂しさの急襲にも耐え、乗り越えていかねばと、覚悟をし始めたところです。

長々、勝手に、湿っぽい←梅雨に免じてご容赦!?
書き込みでごめんなさいm(_ _)m
削除していただいても結構です。

合掌

投稿: ケンタロウ母 | 2015年7月 1日 (水) 08時48分

何もいえないでじっと耐えている文太くん、微笑ましい~。
仲のいい姉弟でいいね。
お尻を乗っけるのって気持ちがいいのかな?か、何も考えず座ったら下に足があった!か?

私もよく足に乗っかられます!文ちゃんと同じ気持ち(ふっふ)

投稿: アンまろ | 2015年7月 1日 (水) 16時19分

dogケンタロウ母さんへ
おひさしぶりのコメントが・・・・
びっくりしました。
ケンタロウのことだから、きっとどこにいても元気に走り回っているにちがいないと思っていました。

そうだったんですね、短い間でしたが、私どももBIGDOGで一緒に訓練したことは、ほんとに楽しい思い出です。
最期まで男らしい犬でしたね。
ケンタロウのことは忘れません。
ケンタロウの前にケンタロウ無し、ケンタロウの後にケンタロウ無し、というくらい素晴らしいコーギーだったと思います。
ケンタロウのことを知っている人はみんな忘れないと思うよ。
唯一無二の存在でも永遠に一緒に居られる訳もなく、いつの日か必ず怒涛の別れの寂しさを乗り越えなければならない日が来るのですね。

辛い時もそばにいて、励まし励まされた大きな存在を亡くしたケンタロウ父さん母さん、ケンタロウが心配するといけないので、ひとしきり泣いたらきっと元気になってください。

またどこかでお会いできたら嬉しいです。

お辛い時にお知らせありがとう。

ケンタロウ、思い出ありがとう。

投稿: のざっぴ | 2015年7月 1日 (水) 22時26分

dogアンまろさんへ
あんまり仲良しでもないんですよ実は。
でも近頃は文太がなかなかの男っぷりで、ねーちゃんをサポートしているように見えます。
私もよく足のうえに座られますよ~。
何かに集中していると誰かの足の上に座っても気づかないんだね。
ほとんどはなんか食べ物に集中してるときね(≧∇≦)

投稿: のざっぴ | 2015年7月 1日 (水) 22時37分

ケンタロウ母さん、ビッグドッグのアジ教室でご一緒させて頂いてたトライコーギーこなつの飼い主こなつ母です。

走るのが大好きだったケンタロウくん、アジリティーも本当に速くて、お父さんといつも楽しそうに走っていた姿が蘇ります。
大阪を離れられてからは、フリスビーを頑張っていたのですね。
ケンタロウくんは、何処へ行っても例えお友達犬が居なくても、お父さんとお母さんが一緒ならそれだけで最高に幸せだったと思います。
ケンタロウくんのご冥福をお祈り申し上げます。

投稿: こなつ母 | 2015年7月 1日 (水) 22時53分

》のざっぴさん

暖かいお言葉に癒されます
ありがとうございます

乗り越えたと言える日までがんばります!?

》こなつ母さん

ありがとうございます
リンク先で読ませて頂いておりました

ご主人様には、夫がアドバイスもいただいたこと、
先日懐かしく話していたところです

西区ハローズで皆さまとお茶をご一緒した時は
まだ一歳前後、ヤンチャで引っ張りがキツく
手を焼いて、まだ教室模索の日々でした

私は片側が凝りカイロプラに通ったこと
アジでは夫の片側脹ら脛は悲惨な傷痕だらけで、
ゴルフ仲間に、お風呂で驚愕の目線を受けたのも
今は懐かしい想い出です(汗)

投稿: ケンタロウ母 | 2015年7月 2日 (木) 10時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151467/61796834

この記事へのトラックバック一覧です: 動かれへん:

« 直子 | トップページ | 小夏と小夏 »