« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月28日 (土)

ナイスランだったよ

なかなかテンション揚がらんぶんちゃんでした。

2012年3月opdes

この日は、一瞬もしや目覚めたか?と錯覚した一日でしたよ(≧m≦)。

danger音が出ます。

ナイスラン、ナイスラン、ナイスラーーーーン。

JP1だけどねo(*^▽^*)o

こんなふうに一生涯おっちゃんと息ぴったりなナイスランでした。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2016年5月23日 (月)

シロツメクサの丘

文太が逝って1週間が過ぎました。

遠いむかしのことのようにも思うし、まだそこにいるような気もするな。

Photo

   シロツメクサ咲く丘で 君たちとまた 逢える気がするよ。

Photo_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年5月17日 (火)

ぶん ありがとう

なかなか更新できずにおりました小夏ねーさんのブログ。

病気療養中の文太は、5月15日ねーちゃんのところへいきました。

Img_2319

10歳の誕生日を過ぎたころから症状が出ており、医師からは何もしなければ早くて10日、長くて1か月と言われてから約8か月『あとひと月、あと一週間・・・』と祈りながら、何度も大きな山を越えてきました。

小夏ねーやんを失った寂しさを、文太も大きく感じながら、それでも私たちを癒し和ませてくれました。

8か月の半分は腫瘍による咳に苦しみ、アカラスによる身体の痒みにも苦しんだ。

こんなことなら抗がん剤治療などせずに文太の寿命を全うさせてやればよかったのかもしれないと、葛藤もありました。

しかし動物病院の先生や鍼灸の先生の助言、漢方の先生の食事療法で、皮膚は劇的に改善されました。

結果、約半年文太は私たちに覚悟する時間をくれたことになります。

そして文太は元のふさふさの男前となって、小夏ねーちゃんのところへ行きました。

もう痒いこともないし、息苦しいこともないよ。

『10年8か月楽しかったね、出会ってくれてありがとう。』おっちゃん、おばちゃんより。

文太はたくさんの皆様から可愛がっていただき、幸せなコーギーだったと思います。

ありがとうございました。

Pc064284


小夏ねーちゃんが見つけやすいように、名前のゼッケン付きTシャツ着ていきました。

みんなとのたくさんの思い出持ってね。

文太の十八番ニンマリ笑顔を思い出してくださいね、文太も喜びます。

文太ありがとう、ぶんたありがとう、ぶんちゃんありがとう、ぶんぶんありがとうね。

Photo1

ねーちゃん見つけてくれたかな?

| | コメント (14) | トラックバック (0)

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »